プロ12→プロ14に参入|スーパーラグビー除外の南ア2チームの今後|キングス&チーターズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

f:id:youteg:20170802000015p:plain

引用:Home - Guinness PRO12

ーパーラグビーから、除外になったキングスとチーターズ。

この2チームが、来季からヨーロッパのプロリーグ「プロ12」に参戦することに。

そして、リーグ名もプロ12からプロ14になり、あらたにスタートする。

スーパーラグビー3チームの除外

2017年4月9日

スーパーラグビーを運営するSANZAARが、現在の18チームから3チーム削減して2018年から15チーム参加の大会に再編すると発表した。

2018スーパーラグビー

18チーム→15チーム

 

除外対象は南アフリカ(2チーム)とオーストラリア(1チーム)で、どのチームを外すかは当該国の協会に一任される。

SANZAAR…南アフリカ、ニュージーランド、オーストラリア、アルゼンチンの合同組織

引用:スーパーラグビーからチーターズとキングズの除外が決定! 欧州大会参戦か|NEWS|RUGBY REPUBLIC(ラグビー共和国)

関連記事:【スーパーラグビー2017】全18チームまとめ・リーグ方式

除外対象

  • 南アフリカ-2チーム
  • オーストラリア-1チーム

スーパーラグビー「除外」理由

スーパーラグビーから、3つのチームが除外するは2つある。

  1. 力の差
  2. 財政難

南アフリカの2チームは、下位に低迷するシーズンが多かった。

そして、両チームは集客面でも苦戦をしいられ、財政難はまえから問題だった。

南アフリカ2チームが「プロ12」へ

残念ながら、スーパーラグビーから除外になってしまったキングスとチーターズは、来季からぶヨーロッパのプロリーグに参加することになった。

2チームが参加するリーグは、プロ12だ。

「プロ12」とは…

プレミアシップ(イングランド)、トップ14(フランス)と並ぶヨーロッパ3大プロリーグのひとつ。

2001年の発足からしばらくは、ウェールズ、スコットランド、アイルランドのクラブおよび地域代表チームによる「ケルティックリーグ」だった。

2010〜2011シーズンからイタリア勢2チームが参入し、12チームとなる。

引用:2016-2017 プロ12 Ireland・Wales・Scotland・Italyリーグ|RUGBY REPUBLIC(ラグビー共和国)

リーグ名変更の歴史

マグナーズリーグ→ラボダイレクト・プロ12→ギネス・プロ12

2017シーズン〜「プロ14」に

こてまでは、ウェールズ、スコットランド、アイルランド、イタリアの12チームで編成されていたことから「プロ12」と名付けられていたが。

来季からは、南アフリカの2チームが参加することにより、14チームに。

リーグ名も「プロ14」に変更となる。

「プロ14」リーグ詳細

レギュラーシーズン

2カンファレンス制

昨季順位をもとに7チームずつ2つのカンファレンスに分かれる。

対戦組み合せ

21ラウンド

  • 同カンファレンス内のチームとはホーム&アウェイ戦を実施。
  • 別のカンファレンスチームとは1試合ずつ試合。

※同国勢同士のダービーマッチを2試合実施し、レギュラーシーズンは21ラウンド(12+7+2)でおこなわれる。

試合数(21試合)

同カンファレンス 計12試合

別カンファレンス 計7試合

同国勢 計2試合

プレーオフ

プレーオフ(準々決勝~)

各カンファレンスの上位3チームが、プレーオフに進出。

ノックアウトステージで優勝を競う。

各カンファレンス振り分け

カンファレンスA

  • マンスター(アイルランド)
  • オスプレイズ(ウェールズ)
  • グラスゴー・ウォリアーズ(スコットランド)
  • カーディフ・ブルーズ(ウェールズ)
  • コナート(アイルランド)
  • ゼブレ(イタリア)
  • チーターズ(南アフリカ)

カンファレンスB

  • スカーレッツ(ウェールズ)
  • レンスター(アイルランド)
  • アルスター(アイルランド)
  • エディンバラ(スコットランド)
  • ベネトン・トレヴィーゾ(イタリア)
  • ドラゴンズ(ウェールズ)
  • サザン・キングズ(南アフリカ)

スーパーラグビー除外の南ア2チームの今後

プロ12への参加が決まった、キングスとチーターズ。

ともに南アフリカのチームだ。

世界最高峰のラグビーリーグ(スーパーラグビー)を除外になったことはチームにとっても、南アフリカにとっても残念なことかもしれない。

しかし、残念なことばかりではない。

 

1年を通して定期的にヨーロッパのチームと試合ができる。

国際試合をかんがえると、定期的にヨーロッパのラグビーを体感できることは大きい。

南アフリカのライバル国、ニュージーランドやオーストラリアのチームが体験できない。

 

アフリカはスーパーラグビーから2チームが除外されてしまったことを、逆にプラスにしとらえ、

「プロ14」への参入が正しかったと、言えるようになってほしい。