サントリーに「世界的プレイヤー」が継続的に加入する理由【ラグビー・トップリーグ】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

f:id:youteg:20170814234714p:plain

引用:チームロゴ・ユニフォーム サンゴリアスとは SUNGOLIATH サントリー

シーズンもトップリーグには、世界的なプレイヤーが多く加入した。 

そのなかでも、サントリーへ加入したマット・ギタウ選手はとくに注目されているでしょう。 

 

オーストラリア代表103cap、ながく代表を支えていた超有名選手。

 

の報道に、「また、サントリーか…」とおもった方もおおいはずだが、ギタウ選手のサントリー加入は必然だったのかもしれない。

 

2017マット・ギタウ加入

サントリーサンゴリアスに、元オーストラリア代表マット・ギタウ選手が加入。

代表歴

オーストラリア代表:103cap

ワールドカップ出場歴:2003,2007,2015

なぜ、「世界的選手」が継続的に加入するのか?

なぜ、サントリーには継続的に世界的プレイヤーが加入するのか。

それは、エディ・ジョーンズ監督の存在が大きいと考える。

関連記事:補強ではなく、まるで投資|「サントリー」が大物選手を獲得できる理由を考えてみた【トップリーグ2017-18】

エディの「FWコーチ」就任がキッカケ

1997年5ヵ月間だけ、FWコーチをつとめていた。

サントリーと、エディ・ジョーンズ氏との関係はここからはじまった。

 

1997年4月エディ・ジョーンズ、サントリーのフォワードコーチに就任。

しかし、9月にブランビーズヘッドコーチに内定したためブランビーズへ移籍してしまった。

実質サントリーフォワードコーチは5ヵ月のみとなった。

2009「エディ」サントリー復帰 

2009年エディ・ジョーンズ氏は、再びサントリーのスタッフに。

GMとして、チームに復帰したのだ。

このとき、すでにエディ・ジョーンズ氏は世界的にも有名なラグビー指導者となっていた。 

 

エディ・ジョーンズ主な指導者歴

1997- サントリーFWコーチ

2001-2005 オーストラリア代表HC(2003年W杯準優勝)

2007 南アフリカ代表スタッフ(2007年W杯優勝)

2009-10 サントリーGM

2010-11 サントリーGM兼HC

2011-15 日本代表HC

2015- イングランド代表HC

引用:Wikipedia

エディ・ジョーンズがもたらした影響

サントリーに、世界的プレイヤーが継続的に加入する理由はエディ・ジョーンズ監督の存在が大きい。

エディ・ジョーンズがもたらした影響

  1. エディを慕う選手がサントリーにはいりたがる
  2. エディのおかげでサントリーの名が世界にしれわる

1.エディを慕う選手がサントリーにはいりたがる

オーストラリア、南アフリカ両代表スタッフで実績をのこしてきた。

  • 「エディとまたラグビーがしたい」
  • 「エディのもとで再びプレーしたい」

という選手がサントリーへの移籍を希望する。

2.エディのおかげでサントリーの名が世界にしれわる

すでに世界的な指導者になったエディ・ジョーンズ。

そんなエディがHCをつとめサントリーという名は世界にしれわたった。

 

エディ・ジョーンズがHCをつとめたサントリーは、移籍を考えている選手の決断を後押しする材料にもなるはずだ。

エディの存在だけで、サントリーは選手獲得に大きなアドバンテージがあるのではないかと考えた。

世界的プレイヤーが加入しはじめた流れ

  1. エディ・ジョーンズ「FWコーチ」就任
  2. ジョージ・グレーガン加入
  3. エディ・ジョーンズ「GM兼HC」就任
  4. ジョージ・スミス加入
  5. フーリー・デュプレア加入
  6. スカルク・バーガー加入
  7. ジョージ・スミス復帰
  8. マット・ギタウ加入

「サントリー」に在籍した有名外国人選手

  • ジョージ・グレーガン(AUS)
  • ジョージ・スミス(AUS)
  • マット・ギタウ(AUS)
  • フーリー・デュプレア(南ア)
  • スカルク・バーガー(南ア)

今後もサントリーには「有名選手」が加入するだろう

サントリーには、オーストラリア代表・南アフリカとして活躍してきた世界的プレイヤーが定期的に加入している。

 

オーストラリア・南アフリカを代表する選手たちが継続的に加入しているサントリー。

今後も、有名選手が定期的に加入することだろう。

オススメ記事:NTTドコモ「若手選手」があつい!|ラグビー・トップリーグ2017-18