トップリーグ昇格争いは、はやくも4チームに絞られた!?|10/14.15トップチャレンジ|ジャパンラグビー

スポンサーリンク
スポンサーリンク

f:id:youteg:20171011202535p:plain

引用:ジャパンラグビー トップリーグ2017-2018「大会概要」|ジャパンラグビートップリーグ公式サイト

10月14.15日に、トップチャレンジ3試合がおこなわれる。

この3試合の結果試合次第で、はやくも2ndステージのグループ分けが決定しそうだ。

 

それはつまり、トップリーグ昇格の可能性も4チームに絞られるということだ。

3試合を残し、「2ndステージ・グループ分け」が決まる可能性も

全8チームが、参入しているトップチャレンジ。

総当たりのため、各チーム7試合をおこなう1stステージ。

 

しかし、各チーム3試合を残しは、やくも2ndステージのグループ分けがきまってしまいそうだ。

トップチャレンジ2017大会方式

 

トップチャレンジ2017大会方式

2ステージ制

1stステージは、総当たり戦をおこない、順位を決定。

  • 1~4位は、2ndステージAグループへ(トップリーグ昇格をかけたあらそい)
  • 5~8位は、2ndステージBグループへ(地域リーグへの降格をさけるあらそい)

トップチャレンジ2017大会方式をもっと詳しく知りたい>>>トップリーグへの昇格条件は?|【大会方式】トップチャレンジリーグ2017-18 - ラグビー.com

10月14.15「トップチャレンジ」試合日程

  • 10/14(土)九州電力-マツダ
  • 10/14(土)Honda-中部電力
  • 10/15(日)中国電力-三菱重工相模原

※10/8日野自動車-釜石SWはおこなわれた

 

3試合終了時点での勝ち点表

チーム名 勝点
Honda 15
日野自動車 20
九州電力 14
三菱重工相模原 13
釜石 1
中国電力 0
中部電力 0
マツダ 0

今週の試合結果で、2ndステージのグループ分けがきまるだろう

日野自動車・釜石SWは1試合多く試合を消化してきた関係もあるが、上位4チームと下位4チームの勝ち点の差は歴然。 

今週のゲームで、全チーム4試合を終えたことになるが、それと同時に2ndステージのグループ分けも決定してしまいそうだ。  

 

今週の試合でも、勝ち点上位チームと下位チームの対戦がつづく。

 

今週(10/14.15)の試合▼

  • 九州電力(勝ち点上位)-マツダ(勝ち点下位)
  • Honda(勝ち点上位)-中部電力(勝ち点下位)
  • 中国電力(勝ち点下位)-三菱重工相模原(勝ち点上位)

順当にいけば、上位チームが勝利をおさめ勝ち点3をえるだろう。そうなると、2ndステージのグループ分けがほぼ決まってしまう。

2ndステージのために、上位に入れるかが鍵

2ndステージのグループ分けは、今週できまってしまいそうだが、1stステージの見どころはそれだけではない!

 

1stステージの順位によって、2ndステージ時に与えられる勝ち点がかわってくるのだ。 

トップリーグ自動昇格を目指すなら、なにがなんでも1stステージで1位になっておきたい。

トップチャレンジの自動降格をさけたいなら、 1stステージで5位になり他のチームより勝ち点をつんでおきたい。

2ndステージで、与えられる勝ち点

2ndステージAグループ

  • 1stステージ1位…3
  • 1stステージ2位…2
  • 1stステージ3位…1
  • 1stステージ4位…0

 

2ndステージBグループ

  • 1stステージ5位…3
  • 1stステージ6位…2
  • 1stステージ7位…1
  • 1stステージ8位…0

このようになる。

 

おさらいだが、

  • 1stステージ1位〜4位が、2ndステージAグループ
  • 1stステージ5位〜8位が、2ndステージBグループ

に進む。

なので、 5位でも勝ち点が3もらえます。

10/14.15 トップチャレンジ3試合から、目が離せない!

2017シーズンから、新設されたトップチャレンジ。

トップリーグ昇格争いのチームが絞られ可能性はたかい、今週の試合から目が離せません!

【全試合結果】トップチャレンジリーグ2017|2017.9.16〜12.23 - ラグビー.com