トップリーグ開幕戦「注目選手一覧」|第1節・8月18日開催「5試合」対象

スポンサーリンク
スポンサーリンク

f:id:youteg:20170810134846p:plain

引用:ジャパンラグビートップリーグ公式サイト

ップリーグ2017-18が、8月18日に開幕する。

18日には、5試合が開催。

 

昨年1位のサントリー、五郎丸選手が復帰したヤマハ、トップチャレンジから昇格したNTTドコモなど、どの試合もみどころ満載。

そんな、トップリーグ開幕戦の注目選手を勝手に選出してみました!

トップリーグ開幕戦(8/18)試合一覧

リコー - NTTコム
キャノン - サントリー
トヨタ - ヤマハ
神戸製鋼 - NTTドコモ
近鉄 - 豊田自動織機

注目選手一覧

  • リコー…松橋選手
  • NTTコミュニケーションズ…金選手、アマナキ・レレイマフィ選手
  • キャノン…田村優選手、エドワード・カーク選手
  • サントリー…マット・ギタウ選手
  • トヨタ自動車…姫野選手
  • ヤマハ発動機…五郎丸選手
  • 神戸製鋼…渡邉選手
  • NTTドコモ…秦選手、大椙選手、横山選手
  • 近鉄…野口大輔選手
  • 豊田自動織機…長谷川選手

リコー vs NTTコミュニケーションズ

2016-17シーズン成績

リコー…6位

NTTコミュニケーションズ…5位

注目選手

  • リコー…松橋選手
  • NTTコミュニケーションズ…金選手・マフィ選手

注目選手は、リコー・松橋選手、NTTコムは金選手・マフィ選手だ。

No.8松橋選手は、サンウルブズにも招集されスーパーラグビーでも通用した選手のひとり。

その経験を、リコーでもいかしチームを引っ張っていってほしい。

 

選手(FL)、マフィ選手(No.8)のバックローはトップリーグでもトップレベル。

マフィ選手は2016-17シーズンスーパーラグビーでベスト15にも選出。

金選手もサンウルブズ・日本代表でもプレーし多くの経験をつんだ。

NTTコミュニケーションズ悲願の優勝には、この2の力がかかせない。

 

関連記事:日本で「黒ジャージ」を着用する5つのラグビーチーム|オールブラックス

キャノン vs サントリー

2016-17シーズン成績

キャノン…7位

サントリー…1位

注目選手

  • キャノン…田村優選手・カーク選手
  • サントリー…マット・ギタウ選手

キャノンに新加入した、前NEC・SO田村優選手とサンウルブズで主将をつとめたFLエドワード・カーク選手。

2人が、ノビノビとプレーできれば脅威になることは間違いない。

でも、他チームが2人を警戒してくるのは当然のこと。日本を代表する2人がどんなプレーをみせてくれるかたのしみ。

 

いするサントリーにも、超大物が加入。

元オーストラリア代表、CTBマット・ギタウ選手だ。

オーストラリア代表として103キャップを保有し、だれもがみとめる世界的プレーヤー。

 

サントリーでセンターを組む相手が気になるところ。

ギタウ選手の加入で、チームメイトにも良い影響をあたえるだろう。

トヨタ自動車 vs ヤマハ発動機

2016-17シーズン成績

トヨタ自動車…8位

ヤマハ発動機…2位

注目選手

  • トヨタ自動車…姫野選手
  • ヤマハ発動機…五郎丸選手

なんといっても、帝京大学から新加入したFL姫野選手に注目したい。

大卒1年目で、トヨタ自動車の主将に抜擢された。

力強いランが持ち味で、開幕戦からスタメンで出場すると予想。

主将とし重圧をすべて背負うのではなく、良いプレッシャーを感じながらプレーしてほしい。

関連記事:「トヨタは選手を温存していたのか?」|トヨタ24-28早稲田大学【第43回ラグビー日本選手権】

マハ発動機の注目プレーヤーは、ヤマハに復帰したFB五郎丸選手だ。

スーパーラグビー・レッズやフランス・トゥーロンに所属するも出場機会にめぐまれず、日本代表からも2015年W杯以降とおざかっている。

残りの選手人生をかんがえての決断だというが、それは日本代表復帰もみすえてのこと。

今シーズン、ヤマハでのプレーが代表復帰に重要になってくる。

 

また、ヤマハ自体も昨シーズンは、トップリーグ・日本選手権と悔しいおもいをした。

五郎丸選手の復帰を起爆剤とし、ヤマハとしても結果をだしたいシーズンになるでしょう。

神戸製鋼 vs NTTドコモ

2016-17シーズン成績

神戸製鋼…4位

NTTドコモ…トップチャレンジ1位

注目選手

  • 神戸製鋼…渡邉選手
  • NTTドコモ…秦選手・大椙選手・横山選手

海大学から、新加入しPR渡邉選手。

昨年大学選手権、帝京大学、京都産業大学相手にスクラムで圧倒していた印象が強い。

 

スクラムは8人で組むものだが、渡邉選手のスクラムの強さはだれもがみとめるもの。

神戸製鋼は、新人選手がスタメン起用されることがない印象だが、1年目からスタメン争いに絡める能力は十分にある。

 

ップチャレンジ1位になり、1年でトップリーグ復帰をはたしたNTTドコモ。

そんなNTTドコモの第3列が熱い!

 

秦選手(同志社卒)、大椙選手(明治卒)、横山選手(筑波卒)と若手のいいプレーヤーが揃っている。

今シーズン、トップリーグを経験し数年後チームの核になるのは間違いない。

でも、NTTドコモは目先の成績も気にしなければ、また下部リーグに降格してしまう。

 

3人の活躍がチームに直結してくる。

近鉄 vs 豊田自動織機

2016-17シーズン成績

近鉄…13位

豊田自動織機…15位

注目選手

  • 近鉄…野口大輔選手
  • 豊田自動織機…長谷川選手

鉄のSO野口大輔選手は、日本代表でも活躍している東海大学・野口竜司選手の兄。

弟にも負けないプレイヤーだが、弟の活躍に陰をひそめてしまっている。

本人も、東海大学・野口選手の兄と言われることは悔しいはず。

今シーズンの活躍で、まわりを見返してほしいと個人的に思う。

 

田自動織機の新主将・長谷川選手(SO/FB)。

昨シーズンまでは、怪我などがかさなり、おもうようにプレー できていなかった。

スタンドオフやフルバックなどをこなせるセンスのを存分に発揮し、チームを上位に押しあげてほしい。

関連記事:なぜ?開幕戦で「別カンファレンス」の対戦が6試合|ラグビー・トップリーグ